住まいのノウハウ

スタッフがあなたの疑問を解決!建築士が話す、家づくりのあれこれ〜大満足の家づくりその1〜|ファイネスホーム 吉川住建 岡崎・名古屋・豊田の新築一戸建て注文住宅

こんにちは、SNS発信担当「チームファイネス」の近藤です!

初めての家づくりは、どう考えていいかわからない、どんなデザインにしたらいいか迷ってしまうなど悩み事も多いかと思います。そこで、家づくりって楽しい!と思っていただけるように、毎月吉川住建のスタッフがみなさんの疑問、質問にスパッとお答えするコーナーを作りました^^

今回ご紹介するのは「大満足の家づくり」です。こんなことを提案してお客様に喜んでもらった!など、思い出エピソードとともにご紹介します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回担当をする設計士>>>中角・西倉・川合(https://www.j-yoshikawa.com/mind4/index.html

―みなさんが設計を提案する中で、お客様から「良かった!」「嬉しかった!」などの声がいただけた事例を教えてください。

中角:洗面室の計画で1mの脱衣スペースをつくる話になっていました。しかし、打ち合わせをする中で、この寸法だと服を脱ぐ時に肘が壁に当たるかも、と思い10cmだけ広げたんです。この10cmがすごく喜ばれて!引き渡し後お客様から「脱衣スペース10cm広げるだけですごく助かった」と嬉しいお声をいただきました。ほんの数センチの事ではありますが、お客様が一生生活される住まいの為、喜んでもらえて私自身も嬉しかったですね。

西倉:私が心がけているのは、階段の窓。とにかく大きくすることを自分の中のポリシーにしています。階段はどうしても暗くなりがちで、足を踏み外したりしてしまうことも。大きな窓を設けることで、外からの光をたっぷり取り入れることができます。お客様からも「階段が明るくてすごく助かっている」と言っていただけます。

川合:階段の段数を増やしたら上がりやすくなったとお客様から感想をいただいた時があります。当初14段で設計していましたが、毎日の暮らしや上り下りしやすい広さなどを考慮して16段に。(蹴上寸法※蹴上寸法とは、階段1段1段の高さの事です)少しの工夫で、お客様が暮らしやすい!と思ってもらえるのが設計士冥利に尽きますね。

〜〜〜〜〜〜

その2へ続く・・・!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 吉川住建とは

    私たちの家づくりの強みその19〜吉川住建の家づくりの流れ1〜|ファイネスホーム …
  2. スタッフ紹介

    有資格者が勢ぞろい!元気で明るいスタッフがお出迎えします〜スタッフ紹介〜|岡崎市…
  3. 住まいのノウハウ

    私たちの家づくりの強みその8〜地震に強い家づくり〜|ファイネスホーム 吉川住建 …
  4. 吉川住建とは

    LINE@でファイネスホームの最新情報をGET!|ファイネスホーム 吉川住建 岡…
  5. Q&A

    家づくりQ&A〜構造見学会の見どころって?〜|ファイネスホーム 吉川住…
PAGE TOP