住まいのノウハウ

暮らしのジメジメ対策「全館空調のある家」|パナソニック・ビルダーズグループ 吉川住建 岡崎・名古屋・豊田の新築一戸建て注文住宅

こんにちは、SNS発信担当「チームファイネス」の大木です!

年々厳しさを増すように感じる夏の暑さや冬の寒さ。そして、これからは梅雨の季節を迎えます。新居では「ジメジメから解放されて、くつろぎたい!」とお考えの方へ。西三河地域を中心に、建築実績が豊富な吉川住建からご提案したいのが「全館空調のある家」です。

 

【「全館空調」はどんなもの?】

全館空調とは、一般的に家全体を冷暖房といった空調を管理する設備のことを言います。吉川住建のスタッフに感想を聞いたところ「夏場、ジメジメしないのが本当に素晴らしい! 玄関が涼しいんです。家中に空調が行き届いているな、と感じます。例えば、百貨店をイメージしてください。建物に入ってすぐに涼しい感じが味わえますよね?それと同じ体験がお家でできるということです」とのことでした。具体的でわかりやすいですね!

 

【暑がり・寒がりの感覚に寄り添う住空間を】

私たち吉川住建では、お客様のライフスタイルに合わせて、ご希望の方にはパナソニックの全館空調熱交換気システム「ウイズエアー」をご提案しています。室内に空調ユニット(内部にエアコンがあります)と熱交換ユニットが設置され、家中の空気が24時間新鮮な状態に保てる清浄機能を併せ持つ「ウイズエアー」。この2つのユニットがあるおかげで、居室ごとに設置するエアコンを減らせ室外機は1台で済むため、室内外共にスマートな空間も魅力です。

 

そして、吉川住建では暑がり・寒がりといった感覚は家族の中でも個人差があることに注目し、部屋ごとに温度制御しながら、さらに全体の温度差も軽減できるタイプをご提案しています。(対象は「ウイズエアー グラン」です)

【断熱性能の高い家だから効果を感じる全館空調】

「全館空調にすると光熱費が気になります」という声をお客様からいただきます。電力を使いますので、電気代対策も大切です!そのため、建物の断熱性能を上げることと合わせて家づくりを計画する必要があります。吉川住建では、必然的にZEH性能を確保し使うエネルギーをなるべく少なくできる建物で、住んでからの家計の負担も視野に入れたご提案で安心していただけると考えています。

 

お客様の理想の暮らしに寄り添い、暑さや寒さを我慢せず少ないエネルギーで快適な暮らしは私たちにとってもこだわりたいところです。興味を持たれた方はお気軽にお声がけくださいね!

 

関連記事

  1. 住まいのノウハウ

    DIYリフォーム

    こんにちは。チームファイネスの舩橋です。先日コーディネーターの山﨑…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 施工事例

    OB様家づくりストーリー!vol.21|ファイネスホーム 吉川住建 岡崎・名古屋…
  2. スタッフ紹介

    スタッフ紹介〜木造建築士・工務部太田の紹介〜|ファイネスホーム 吉川住建 岡崎・…
  3. Q&A

    家づくりQ&A〜涼を感じるインテリア〜|ファイネスホーム 吉川住建 岡…
  4. 施工事例

    OB様家づくりストーリー!vol.20|ファイネスホーム 吉川住建 岡崎・名古屋…
  5. Q&A

    2021年4月より省エネ性能の説明の義務化がはじまります!|パナソニック・ビルダ…
PAGE TOP