住まいのノウハウ

スタッフがあなたの疑問を解決!建築士が話す、家づくりのあれこれ〜アプローチ編その1〜|ファイネスホーム 吉川住建 岡崎・名古屋・豊田の新築一戸建て注文住宅

こんにちは、SNS発信担当「チームファイネス」の近藤です!

初めての家づくりは、どう考えていいかわからないどんなデザインにしたらいいか迷ってしまうなど、悩み事も多いかと思います。

そこで、家づくりって楽しい!と思っていただけるように、毎月、吉川住建のスタッフがみなさんの疑問、質問にスパッとお答えするコーナーを作りました^^

(前回の対談:外観へのこだわり対談はこちら https://www.j-yoshikawa.com/blog/2020/01/10/20jan10/

今回ご紹介するのは「アプローチ」です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回担当をする設計士>>>中角・西倉・川合(https://www.j-yoshikawa.com/mind4/index.html

アプローチのつくり方について、みなさんの考え方を教えてください。

中角:アプローチを考える場合、その敷地に動線をどう描くかが大切です。例えば、台形の敷地の場合使わない土地の部分が出てきます。そこをうまく利用するプランがいいかなと思います。具体的には無駄がないように、アプローチとして使うのがベストかも。

西倉:土地の形を有効に、うまく活用するというのが重要ですね。

中角:そうです。世界で一つの、そこの敷地でしかできないプランというのもあると思うんです。変形地でも、それに合わせたアプローチや庭造りをするだけで、すごく良い家になります。注意しないといけないのは、土地に高低差があり、どうしても階段をつくらないといけなくなった場合。その時は、どこに階段をつけるのか、または階段と一緒にスロープも設けるのか?などを考える必要にあります。

西倉:スロープバリアフリーを考えると、広い敷地ではないと厳しいかもしれませんね。

※写真は台形の土地の参考図面

中角:名古屋で建築したお施主様の家にスロープを設けたのですが、正面に玄関を設けると、スロープが短くなりすぎて、勾配がきつくなってしまう恐れがあったので、道路の反対側の奥部分に玄関を設けました。いろんな土地に合わせてスロープを提案しておりますので、まずは私たちに相談してもらえると嬉しいですね。

〜〜〜〜〜〜

まだまだ、いろんなアプローチの考え方をお話しています!その2へ続く・・・!

関連記事

  1. 住まいのノウハウ

    家づくりQ&A〜KIND2の魅力について〜|ファイネスホーム 吉川住建 岡崎・名古屋・豊田…

    こんにちは、SNS発信担当「チームファイネス」の名古屋展示場の大木です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Q&A

    土地探しQ&A〜土地探しは不動産屋に相談すべき?工務店でも大丈夫?〜|…
  2. 施工事例

    吉川住建のパナソニック・テクノストラクチャー工法のお家からおすすめ3選|パナソニ…
  3. お客様の声

    OB様家づくりストーリー!vol.43|パナソニック・ビルダーズグループ 吉川住…
  4. 住まいのノウハウ

    家づくりQ&A〜新生活スタート!スッキリとした空間を提案(玄関編)〜|…
  5. 家づくりノウハウ

    暑さ対策に有効な外観デザインのポイントは?|パナソニック・ビルダーズグループ 吉…
PAGE TOP